肌に直接触れるから

早めに使い切る

 

コスメティックスの基本、化粧水の防腐剤

化粧水には防腐剤が含まれていますが、これは腐らないようにするためです。

よって、無添加のものにも、指定成分に含まれていない何らかの成分が含まれていることがほとんどです。

そもそも防腐剤の役割をするものが一切入っていないコスメティックスというのは、腐ったものを肌につける可能性があるので、かえって危険なのです。ニキビ肌やトラブル肌だと、ますますひどくなる可能性があります。

特に化粧水はほとんどの女性が毎日使う基本的なIPSコスメティックスなので、注意が必要です。

コスメティックスに使われる防腐剤の代表であるバラベンも、現在は他の抗菌作用がある成分と一緒に配合することで、ごく少量ですむようになりましたので、表示されていても極端に恐れることはありません。 大切なのは、無添加という言葉や安さだけで選ばないことです。

各化粧品会社は、よりアレルギーを起こさない防腐効果のあるものを研究開発して配合しているため、ある程度の価格設定はやむを得ないのです。あまりにも安くて無添加と表示されているコスメティックスの場合は、パッチテストで安全面をきちんと確認しましょう。

ページのトップへ戻る